2017年1月23日 admin

色々な場面で発生する可能性のある腰痛

人間の体は年齢と共に衰えていくことになります。10代や20代の若い頃であれば問題ありませんが、30代を過ぎると体力の低下や肌質の変化などを感じる機会は多くなります。また、年齢が高くなると体の痛みを感じる場合もあります。たとえば、体重による負荷を受けている膝は痛みが出やすい部分ですし、腰も負担がかかりやすいので痛む可能性のある部分です。腰痛は腰を曲げる機会が多かったり、クシャミをしたりなど色々な場面で発生します。

腰痛を発生させないためのポイント

腰痛を発生させずに快適に生活するためのポイントは、正しい姿勢を維持することです。腰が曲がってしまう状況として多いのが座る時です。正しい姿勢を維持しているつもりだったとしても、気付けば猫背になっているケースはあり得ます。そのため、正しい姿勢への意識を強めることが重要です。また、重い物を持ち上げる際に腕の力に頼り過ぎると腰への負担が大きくなります。重い物を持ち上げる時は腕だけではなく、体全体の力を使うことによって腰への負担を減らせます。

腰に巻くベルトを使用する

腰痛を防ぐ上で効果的なアイテムとなるのが腰に巻くベルトです。装着すると動きをサポートしてくれるため、腰に感じる負担を軽減することができます。ただし、せっかく使用していたとしても無理をしてしまえばメリットが薄れてしまいます。ですから、使用する時は歩き方や物の持ち方などに注意を向けることで腰痛防止に繋がります。腰に巻くベルトには様々な種類があり、ドラッグストアやインターネット通販などで販売されているので選んだ上で購入できます。

名古屋には繁華街や住宅地に腕が良い整骨院や整体がたくさんあります。腰痛の名古屋の治療の選択肢は多いです。