2017年1月24日 admin

ワッペンを使った知育玩具作り

ワッペンには、文字や数字をモチーフにした物も多くみられます。文字では、アルファベットのみならず、ひらがな、カタカナのワッペンもあり、子供向けのアイテムを作るのにも大活躍してくれますよ。布製品ならではのぬくもり溢れる知育玩具を作ることもできます。布製の立方体に数字のワッペンを貼り付けたサイコロは、プラスチック製のサイコロと比べて持った時の手触りが優しく、年齢の低い子供でも安心して遊ぶことができます。

保育園や幼稚園の通園グッズにワッペンを生かそう

保育園や幼稚園の通園グッズにも、ワッペンが活用できます。通園バッグやランチ用の巾着袋などに、子供のお気に入りのキャラクターのワッペンを付けておくと、明るい気分で通園ができるようになる上、自分の持ち物を見つけやすくなるというメリットもあります。手芸用品店に子供を連れて行き、一緒にどんなワッペンが良いかを選ぶのもおすすめですよ。毎日、保育園や幼稚園に通うのが楽しみになるような、そんな可愛い通園グッズ作りをして下さいね。

自宅で使うアイテムにもワッペンが大活躍!

子供が自分の持ち物をきちんと認識できるようにするには、自宅で使うアイテムにも目印を付けておいてあげるといいですよ。タオルや下着といった布製品にワッペンを付けてみてはいかがでしょうか。好きなモチーフのワッペンが付いた布製品なら、愛着がわいて、大切に使ってくれるようになります。ワッペンには、アイロンで接着できる物が多く、針と糸を使った手芸がちょっと苦手という人でも、手軽に取り付けることができますよ。子供が喜ぶアイテム作りにぜひワッペンを活用して下さいね。

ワッペンの種類にはオリジナルのものやネームのもの、圧着、3D、ヘルメットなど様々な種類のものがあります。